中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

『史記』の人間学 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
始皇帝、劉邦、太公望、孔子ら総登場。不滅の人間ドラマに学ぼう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
雑喉 潤
1929年、神戸市生まれ。名古屋芸術大学短期大学部名誉教授。京都大学文学部卒業後、朝日新聞社に入社。学芸部長、音楽担当編集委員などを歴任する一方で、中国取材班キャップとしても活躍。退職後、中国文学研究家、音楽ジャーナリストとして執筆活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

爆笑三国志〈6〉 (単行本(ソフトカバー))

内容(「MARC」データベースより)
登場人物どれをとっても個性的キャラクターぞろいの三国志。劉備、関羽、張飛、孔明ばかりがヒーローじゃない。熱い男たち、女たちの素顔に迫りつつ中国古典を知る、歴史人物笑史。〈ソフトカバー〉

中国艶本大全 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人間の生の姿を赤裸々に描く艶本(好色小説)は、貴重な文化遺産であり、それぞれの民族の素顔を知るための好材料でもある。いまに残る中国の古典艶本はざっと百五十種。明代から清代にかけてが全盛期だが、古くは、遣唐使がもち帰った『遊仙窟』が日本文学に影響を与えるなど、わが国との縁も深い。本書では、漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品六点(『遊仙窟』『如意君伝』『痴婆子伝』『金瓶梅』『僧尼〓(げつ)海』『春夢瑣言』)を紹介する。

内容(「MARC」データベースより)
漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品6点を詳しく紹介。わが国の文学にも多大な影響を与えた「遊仙窟」から「金瓶梅」「春夢瑣言」までの豊潤にして注廉な「男女相悦」の世界を案内する。

いまさら聞けない三国志の大疑問 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
一冊で「三国志」通になれる即効レッスン!「登竜門」はいったいどこにあった門なのか?諸葛孔明の軍師としての才能と、宰相としての能力はどちらが上?この時代の地図はどの程度正確だったか?…ほか気になる謎をズバリ解明。

内容(「MARC」データベースより)
悪役として語られる曹操は、そもそもどこが悪いのか? 結局、「三国志」で最後に勝ったのは誰? 「登竜門」とはどこにあった門なのか?など、気になる謎をズバリ解明。一冊で「三国志」通になれる即効レッスン。

古文真宝 (新書)

出版社からの内容紹介
元以前の詩と文を集めたのが『古文真宝』である。ここでは文を中心に編んだ。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
元以前の詩と文の名作を集めたのが『古文真宝』である。わが国では、特に文が五山の僧侶を中心に読まれ、江戸時代には『唐詩選』とともに必読書となった。『奥の細道』の冒頭「月日は百代の過客にして」は、李白の「春夜桃李の園に宴するの序」の影響下に生まれ、庭園「後楽園」は「岳陽楼の記」の「先憂後楽」に基づく。重要なテキストだったことが窺い知れる。本書では文を中心に編んだ。

中国文章家列伝 (新書)

出版社/著者からの内容紹介
あるいは史書を編みあるいは詩文を作り,また画筆をとり,書に遊ぶ人びと-前漢の司馬遷から清代の鄭板橋・呉敬梓に至る雄大な中国文学の流れの中から10人の文章家を選び出して,その人と作品を縦横に語る.時の権力に対峙する者,背を向ける者,自立を目指す者,十様の生の軌跡が確かな輪郭で歴史の中に浮び上がる.

内容(「BOOK」データベースより)
あるいは史書を著しあるいは詩文を作り、また画筆をとり、書に遊ぶ人びと―前漢の司馬遷から清代の鄭板橋・呉敬梓に至る雄大な中国文学の流れの中から十人の文章家を選び出して、その人と作品を縦横に語る。時の権力に対峙する者、背を向ける者、自立を目指す者、十様の生の軌跡が確かな輪郭で歴史の中に浮かび上がる。

陶淵明全集〈下〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

西遊記〈4〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ふたたび師弟みなみな心をひとつに西方をめざす。平頂山蓮花洞の金角・銀角は、その肉を食らえば不老長寿はまちがいなしという三蔵を狙って策をめぐらす。まんまと須弥山、峨眉山、泰山の下敷きとなった悟空は師匠を案じ、こぼれる涙は滝のよう。改版。

三国志のことがマンガで3時間でわかる本―へえーそうなのか! (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「三国志演義」とは、中国の明代初頭(十四世紀)の人、羅貫中が千年以上前の三国時代を描いた歴史小説です。物語の期間は約百年間、登場人物は五百人弱。この壮大な物語を、三幕八十九話にコンパクトにまとめました。辮髪博士をナビゲーターに、文章を読みながら、マンガ、地図、系図を見ながら、「三国志演義」の世界にドップリ浸ってください。

内容(「MARC」データベースより)
物語の期間は約100年。登場人物は500人弱。この壮大な物語を、3幕89話にまとめました。清代の学者という設定の辮髪博士がナビゲーター。イラストと簡潔な解説で、三国志の全体像がつかめます。

捜神記 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
怪を志す“志怪”というジャンルが流行した中国六朝時代は、幻術の名人、墓から生き返る娘、冥界との交流、千年を生きる狐の変化、といった怪異の数々が饒舌に語られた。東晋の歴史家千宝が記した本書は、六朝志怪の代表作であり、中国小説の祖といわれる。

内容(「MARC」データベースより)
幻術の名人、墓から生き返る娘、千年を生きる狐の変化…。怪異譚が流行した中国六朝時代、東晋の歴史家・干宝によってまとめられた464の霊妙不可思議な小話集。1964年刊の再刊。〈ソフトカバー〉

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

ooo千葉干物天国ドットコムooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 中野区居住化計画ooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 千葉県の重要文化財一覧ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 性病検査キットooo ~品川の街~ooo 千葉の酒蔵ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 墨田区紀行ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 甘いお菓子の街千葉ドットコムooo 千葉の水のおはなし.COMooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo