中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

完訳 水滸伝〈9〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
宋江らは梁山泊の城壁や建物をとり壊し,老人・子供を故郷へ帰して一切の整理を行なった上で,いよいよ,北方の大敵,遼国の征討へと出発する.最初の敵は檀州城,迎え撃つ敵将の先鋒は阿里奇.顔は白く唇赤く,鬚は黄色く眼は碧く,身の丈9尺で力は万人力….宋朝の官軍となった梁山泊軍団の奮戦が始まる.

内容(「BOOK」データベースより)
宋江らは梁山泊の城壁や建物をとり壊し、いよいよ、北方の大敵、遼国の征討へと出発する。最初の敵は檀州城。迎え撃つ敵将の先鋒は阿里奇、顔は白く唇赤く、鬚は黄色く眼は碧く、身の丈九尺で力は万人力…。宋朝の官軍となった梁山泊軍団の奮戦が始まる。

大唐西域記〈3〉 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
西遊記の源、ご存じ、三蔵法師玄奘の百数十カ国を経巡る求法の旅の記。第3巻はいよいよクライマックス。 ブッダ成道の地マカダに至ってゆかりの地を歴訪、そして帰還へ。

内容(「BOOK」データベースより)
西遊記の源、三蔵法師玄奘が正法を求めて百数十カ国を経巡る旅の記。第3巻はいよいよクライマックス。ブッタ成道の地マガダ国に至り、ゆかりの地・ゆかりの物語を見聞。全3巻完結。

水滸伝〈8〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
朝廷に帰順した梁山泊軍は辺境防備に、謀叛鎮圧にと目ざましい働きをするが、戦いにつぐ戦いにさしもの百八人の豪傑たちも一人、二人と倒れてゆく。やがて彼らの盟主宋江にもしだいにその時が迫ってくる。中国大長編伝奇小説完結篇。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

唐物語 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
優麗なる文章に和歌を配して綴る中国故事の翻訳物語集

中国の古典に広く材をとった『唐物語』は、上流夫人のための中国故事の教養書として、12世紀中末期に成立したと推測される翻訳物語集である。『白氏文集』『史記』『蒙求』『漢書』等から、玄宗皇帝と楊貴妃、反魂香、王照君、西王母等の故事を翻訳、翻案したもので、短篇物語27話から成る。優麗なる文章に、名歌や創作和歌を配して綴る異国の物語集。


内容(「BOOK」データベースより)
中国の古典に広く材をとった『唐物語』は、上流婦人のための中国故事の教養書として、十二世紀中末期に成立したと推測される翻訳物語集である。『白氏文集』『史記』『蒙求』『漢書』等から、玄宗皇帝と楊貴妃、反魂香、王照君、西王母等の故事を翻訳、翻案したもので、短篇物語二十七話から成る。優麗なる文章に、名歌や創作和歌を配して綴る異国の物語集。

列女伝〈上〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書は中国・朝鮮(韓)半島、日本等の東アジア儒教漢字文化圏において、後漢の「女聖人」曹大家班昭の『女誡』以下四点の書から成る『女四書』とともに、女性の道徳教科書―女訓書の双璧として長く読みつがれ、さまざまに語りつがれてきた古典である。本書は中国古代の女性たちの言動が織りなす痛快な、あるいは悲壮な、あるいは淫蕩猟奇の世界にもわたる奇譚集であり、史伝や擬似史伝によって語られた説話集である。譚の多くは史実をつたえ、また中国の古小説や古典詩―漢詩―、戯曲、日本の草紙類や戯曲の話原となったものである。

内容(「MARC」データベースより)
前漢末に編まれた「列女伝」は、女性の道徳の教科書として長く読みつがれてきた。「列女伝」正篇7巻を通釈。併せて、文献研究、この書が中国や日本の文化に及ぼした影響について考察した論文を収録。

中国艶本大全 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人間の生の姿を赤裸々に描く艶本(好色小説)は、貴重な文化遺産であり、それぞれの民族の素顔を知るための好材料でもある。いまに残る中国の古典艶本はざっと百五十種。明代から清代にかけてが全盛期だが、古くは、遣唐使がもち帰った『遊仙窟』が日本文学に影響を与えるなど、わが国との縁も深い。本書では、漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品六点(『遊仙窟』『如意君伝』『痴婆子伝』『金瓶梅』『僧尼〓(げつ)海』『春夢瑣言』)を紹介する。

内容(「MARC」データベースより)
漢代以降の艶本の歴史を概観し、代表的作品6点を詳しく紹介。わが国の文学にも多大な影響を与えた「遊仙窟」から「金瓶梅」「春夢瑣言」までの豊潤にして注廉な「男女相悦」の世界を案内する。

完訳 水滸伝〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
武芸十八般の達人や妖術使いら108人愛すべき豪傑たちのとんでもない武勇譚。

水滸伝〈5〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
財をうとんじ義を尊ぶ。梁山泊に集う好漢たちは、時に残酷に過ぎたり、行動が過激に走ったりしても、その精神を忘れず活躍する。宋公明を中心に勢いを増す梁山泊に遂に百八人の好漢が一堂に会する壮観な勢揃いの回を収録する第5巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
中国文学の原点である『詩経』と『楚辞』の成立、発想、表現を、『記紀万葉』と対比し考察する。古代共同体的な生活が破壊され、封建制が根付いたとき、人々はそれぞれの運命におそれを抱き、そこに古代歌謡が生まれた。この巻でとり扱った時期は、古代中国人が神を発見し、また失う過程を示すものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西遊記〈8〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵みずからお斎をもらいに向かった家は、七匹の女妖の住む盤糸洞。ようよう救い出されるも、黄花観で八戒、悟浄ともども毒に倒れる。その効きめたるや、三日のうちに骨も髄も腐るという。悟空はひとりなす術もなく、せつない思いで涙にくれる。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}

oooリネージュIIクロニクル5ooo もっと知りたい!練馬区ooo 夏はプールだ千葉特集ooo よい街、品川ooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ショッピング 検索ooo 巣鴨で散策!ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉の駅集めましたooo 千葉文化ぶんか!ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo アメ横一番!ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 千葉スポーツ施設MAPooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo